よくある質問

みちびき対応システムで何ができますか?


弊社の準天頂衛星(みちびき)対応 測位システムは、電子基準点や基準局との通信が不要な、単独測位として水平±35mm、垂直(高さ)60mm以内の測位が可能です。 モバイルネットワークがつながらない場所でも、センチメートル精度の位置を計測出来ます。 例えば、河川や山地附近の現況地形計測や、現場での位置決め作業などに利用できます。




みちびき対応の単独測位システムの費用は?


費用は機器の構成により前後がございますが、システム1式で80万円程~ となります。(機器構成により異なりますため詳細はお問合せ下さい) また、単独測位システムの他に、より低コストで導入可能なRTK測位システムもご用意しております。




ネットワーク型RTK測位システムの費用は?


このシステムは地上の電子基準点データを利用してより高精度な位置情報を利用できる測位システムで、初期登録料と月額利用料がございます。 2020年11月現在、初期登録料:25万円、月額利用料:2万5千円(複数機導入による割引有)程にてご提供しております(機器構成により異なりますため詳細はお問合せ下さい)




計測結果の入出力形式は何ですか?


計測結果及び計画線形等の座標は、CSV形式またはSIM形式(座標のみ)テキストデータとして入出力できます。 そのため、CSV形式またはSIM形式(座標のみ)データを入出力可能なCADやGIS等の図化システムにてデータを相互に変換できます。 また、弊社よりDWG互換CADに追加可能な、測点データ入出力ツールもご提供しております(無償提供)




共同開発、OEM版の提供事例はありますか?


具体的な製品名などについては、秘密保持等の関係もあり非公開が、GNSSによる位置情報と各種センサー類とを組み合わせたいくつかの事例がございます。 また、弊社システムをベースとした測量システムとしてOEM版製品をご活用頂いている事例がございます。




測量計算アプリ(Civil  Suveyor)どんな活用例がありますか?


Civil Surveyorは、主に建設現場における測設(位置決め)や、現況測量に利用されております。 具体的には、2020年4月時点で1000件超のアクティブユーザーがおり、主にトータルステーションと組み合わせてご活用頂いております。 また、2019年度より提供開始したGNSS関連製品についても、建設現場向けの利用を中心に徐々に活用例が増加しているところです。




システムはどこで購入できますか?


弊社または代理店よりご提供しております。地域や目的に合わせてご案内しておりますため、詳しくはお問合せ下さい。 また、トータルステーションと接続できるアプリを含め、無料でご利用いただけるアプリをご用意しております。(GNSS関連システムは有償) 弊社アプリ公開ページ https://play.google.com/store/apps/dev?id=5059614692878130861




GNSS関連システムのサポート体制について


弊社ではGNSS関連システムについて、技術サポートを承っております(有償) また、ネットワーク型RTK測位システムを導入いただきます際には、技術サポート費用が含まれております。 技術サポートでは、機器の操作方法などのサポートはもちろんのこと、観測時の設定の違い等による平面直角座標の再定義や、任意座標系に対応するための与点座標とGNSSによる観測値を元にしたパラメータ計算等、実務にてお困りになった場面の技術サポートに対応しております。